女性特約・女性専用の医療保険は入った方がいいの?

20代女性に必要な保険

平均寿命が延びているのに伴って、医療保険のニーズが高まっています。医療保険も、一般的な医療保険のほかに、がんに特化した「がん保険」、持病や入院経験のある方も加入がしやすい「引受基準緩和型保険」など、種類が増えてきました。

 

 

独身女性であれば、加入しておきたいのは女性の医療保険です。
これは、女性特有の病気に備えることができる保険で、
女性専用の商品になっているもの、一般的な医療保険に女性特約として追加するものとがあります。

 

 

女性の医療保険だと、それ以外の病気やケガに対応できないのでは?と
思われる方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、きちんと保障されますので、例えば現在医療保険に入っている方が
わざわざ女性の医療保険に入りなおしたりする必要はありません。

 

 

対象となる疾病は主に、乳がんや子宮がん、卵巣がん、子宮筋腫、子宮内膜症などです。
最近では、乳がんで乳房を切除した場合の、乳房再建の手術費用を対象にしている保険会社もあります。
また、一定期間生存していると給付金をもらえる「生存給付金」がある保険会社もあります。

 

 

一般的な医療保険に入ったほうがいいのか、女性の医療保険に入った方がいいのか、
悩む方もいらっしゃるかと思います。
ポイントは、自分にとって必要な保障が一般的なケガや病気に対する保障なのか、
女性特有の病気なのか、です。
自分の家系が、女性特有の病気にかかりやすいかどうか、はひとつの基準になるかもしれませんね。

保険会社によっても保障範囲が異なるので、加入前によく確認し、
自分にとって必要な保障が得られる保険を選ぶようにしましょう。

 

 

女性特有の病気は、自覚症状がないものもあり、20代、30代など
働き盛りにかかりやすい病気でもあります。
年に一度は検診を受けるようにしたいものですね。
妊娠後では入れないものもあるので、独身女性は結婚・妊娠前に保険へ加入しましょう。

 

このサイトでは保険の無料資料一括請求もできます。

 

また、保険がよくわからない、自分で調べるのがめんどくさいという人は、
保険の無料相談サービスがあるので、一度利用してみるといいでしょう。いろんな保険の中からあなたにぴったりの保険をおしえてもらえますよ。契約はしなくてもいいので、気軽に利用してみてください。


保険料安くしたい・必要な保証内容を無料で相談♪

更新履歴